読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第69回日米学生会議公式ブログ

実行委員や参加者の”裏側”を伝えていけたらなと思います。

本当の話し上手は「聞き上手」

こんにちは!まっさんこと新郷からバトンを引き継ぎました、文化RTの松村です。

まっさん、的確な他己紹介ありがとう(笑)👍

JASCについてのことを書く前に、まずは僕の自己紹介シートを読んでください!

f:id:JASC69:20170523005856p:plain

ここに書ききれなかったこととしては、四季折々の移り変わりを味わうのが大好きなことでしょうか。Facebookのプロフィールは基本、四季の移り変わりとともに変わって行きます(まだ桜と一緒に写った写真のままなので、そろそろ新緑のものに変えたいです)。季節感を大事にしたいという気持ちが、茶道と相性がいいのかもしれません。

f:id:JASC69:20170523014608j:plain

     茶道へは、いつも袴を着て行きます。道中、ツツジが咲いていて綺麗でした。季節感大事

 

日本人であること

JASCの志望動機はFacebookに書きました。しかし、僕がなぜ「文化」の分科会を選んだかは書いていません。少しだけお話しさせてください。

美しい四季折々の自然を見たとき。日本食に舌鼓を打ったとき。日本発のゲームでいろんな人と繋がれたとき。僕は自然と「日本人でよかった」と思います。僕は日本が好きなのでしょう。将来には外務官僚になって、日本を支えたいと思うくらいには、愛しているのでしょう。

しかし、その漠然とした気持ちに明確な根拠がないことに気づいたのが、去年の秋の大学での授業でした。「現代日本を考える」という全10回ほどの授業でしたが、毎回毎回異なる専門分野の教授の方々が、国際関係・宗教・思想・経済など、様々な切り口で今の日本・日本に生きる人々の考え方を紐解いて行く授業でした。日本のことを考えるには、これほど多くの要素を加味する必要がある。中には、とても大きくて解決できそうもない、答えのない問いを投げかけてくる先生もいらっしゃいました。僕が日本を愛しているという事実はそれでも揺らぎませんでしたが、しかし「でもじゃあ、なぜ自分はこんなに日本が好きなのだろう?」という、今まで考えたことのなかった根本的な問いが浮かび上がってきたのです。

その中で考えたのは、「我々を日本人たらしめる要素は何か」ということでした。共通の言語を話すことか。共通の歴史背景を持つことか。日本の国内で生まれたことか。様々な可能性がある中で、考えなければならないのが、我々が漠然と共通の認識として共有しているであろう「日本の文化」です。

日本の文化、とはなんでしょうか。様々な切り口が考えられます。一番簡単なものが、「伝統芸能/ポップカルチャー」の違いでしょう。歌舞伎、茶道、和服と行った純日本風な文化と、アニメ・漫画・ゲームに代表される新興勢力。どちらも日本の文化と呼ぶにふさわしいものでしょう。他にも、「永続的なもの/一時的なもの」「目に見えるもの/見えないもの」など、様々な観点で、日本の文化という曖昧な概念に「形を与える」ことはできるはずです。

そのようなプロセスを通し、僕はこの日米学生会議で、

「日本の文化」に裏打ちされた、自分の「日本に対する思い」の正体

を見つけることができたらと考えています。そこをクリアにすれば、自ずと将来自分が本当にやりたいことも、見えてくるはずです。であるからして、僕が「文化」の分科会を選んだのは、必然でした。

(下の写真、左から諸星渚、下吹越愛莉、松村、川崎明宙、河崎涼太)

f:id:JASC69:20170523014821j:plain

聞き手のプロが教えてくれたこと

選んだ「文化」の分科会のコーディネーターのりょうた(河崎涼太)に、僕が初めて出会ったのが、去年の冬のJASCの説明会です。その時から彼はとても物腰柔らかく、ゆったりと話す人でした。1から100まで全部を一気に話そうとする僕とは、まるで話す方法が異なります。

ですが、それは彼が話し下手であるということとは、全く同義ではありません。むしろ逆です。彼は僕より話がずっとうまい。それを痛感したのが、春合宿でした。

春合宿は、JASC日本代表のデビュー戦といっても過言ではありません。初めて全員が直接面と向かって一堂に会し、お互いがどの様な人となりかを知る2泊3日です。「ここで一発存在感を放って、しっかりJASCの中に居場所を作ってやろう」。そう考える人も少なくなく、僕もその一人でした。合宿開幕と同時に、自分の持ち味であるトークをハイペースで続け、みんなの陰に隠れないよう、必死になっていました。

そんな中、りょうたと何とは無しに話す機会がありました。彼はいつも「最近どう?」とか、「JASC充実してる?」とか、そういうゆったりした話題から始めます。エンジンをかけっぱなしで話し続けている僕は、そのスピードのままたくさんの情報量を持った言葉を彼にぶつけました。

彼はそれらを全て頷きながらじっくり聞いてくれ、そして次に「なぜそう思うのか」「こう考えたことはないか」など、全く別の見地からの意見を「導き出そう」としてくれました。自分の考えは押し付けない。しかし、相手のペースには絶対流されない。なぜなら、彼は相手の話をじっくり、じっくり、100%理解してから話すからです。自分の確固たる考えがあっても、それで他人を攻撃はしない。会話は生み出すものであること、和を尊ぶものであることを、彼はおそらくJASCメンバーの誰よりも理解しているのだと、思います。

今まで、自分の考えを全て言語化して、相手にぶつけ、それこそ「言い負かす」「納得させる」ことに躍起になって無意識に生きてきた僕は、ここで軌道修正をすることができたように思います。そう、

本当の話し上手は「聞き上手」

なのです。

f:id:JASC69:20170523015340j:plain

       分科会で話し合うときも、彼は聞き役に徹し、的確なアドバイスをくれます

 

聞き手のプロが教えてくれたこのコツを大切に、向学心溢れる仲間たちとこれからも話し合いを重ねていこうと思います。その中で、最初に触れた「日本への思いの正体」を知ることができたら嬉しいし、また、文化が外交において成せる役割についても考えられたら言うことなしですね。今から、ワクワクが止まりません。

 

駄文にお付き合いいただき、ありがとうございました。次にバトンを渡すのは

思想分科会・野間康平

くんです。彼は京大の理系分野に所属しつつも、哲学的な思考に身を置くことを大切にしています。そして、よくInstagramに、なかなか小洒落た写真とともにポエムを投稿するのです!彼とは現在、ある秘密の企画制作を進める班でも一緒に活動しており、これからも激アツな交流が予想される仲間の一人。どんな文章を投稿してくれるのでしょうか?みなさん、ぜひお楽しみに!

それでは、今回は文化分科会の松村がお送りいたしました。分科会、盛り上げていくぞ!

f:id:JASC69:20170523015731j:plain

公式行事① 春合宿!!

こんにちは、ブログ担当の新郷です!

 

最近本当に蒸し暑くなってきましたね〜。そして、梅雨が近づいてきていますね。そろそろツツジの季節も終わって今度は紫陽花ですかね。休学してることをいいことに平日の鎌倉探索を決行しようかと考えている今日この頃です笑。

 

更新頻度が落ちてしまい申し訳ありません!GWで休みだったのにおまえたちは何をやってたんだという声が聞こえそうなのですが... 

今回は、そのGWまっただなか、5月5日(金)〜7日(日)に行われた春合宿の様子をお伝えしたいと思います!

 

春合宿とは

春合宿とは、毎年この時期に行われる、日米学生会議の参加者決定後、初めて全員で顔合わせをする2泊3日の合宿です!

JASCとは何かを学ぶ時間あり、

f:id:JASC69:20170515170527j:plain

主催団体である国際教育振興会の理事長である伊部様のお話

 

アラムナイの方々と交流する時間あり、

f:id:JASC69:20170515170651j:plain

GW中にもかかわらず駆けつけてくださったアラムナイの皆様と69回参加者

 

みんなで仲良く遊ぶ時間あり、

f:id:JASC69:20170515170941j:plain

代々木公園でプチ運動会!

 

真剣に議論する時間あり、

f:id:JASC69:20170515171504j:plain

2日目朝のWake-up Talkの様子

 

の本当に盛りだくさんの2泊3日となりました!

 

この合宿を機に、日本側の本会議事前準備活動が本格スタートするわけですが、必ずしもデリ全員が関東圏内に住んでいるわけではないので、この合宿でどのくらい仲を深められるかが、今後の事前準備活動の活発さにも大いに関わってきます。

今年は事前に設定された分科会以外にも、自主的に様々な分科会がデリたちで立ち上げられ、とても良い滑り出しになったと思います!

f:id:JASC69:20170515171211j:plain

春合宿全体集合写真

 

春合宿担当として

ここからは春合宿担当としての雑感になってしまうのですが、僕は、前回のブログでも紹介したぴーすと一緒に春合宿運営を担当していました。実行委員活動が始まった9月から約半年間、去年の春合宿プログラムの検討から改善策の模索、新企画提案を地道に行ってきました。

その過程は、刺激的であると同時に挫折の連続でもありました。春合宿は69回にとって36人で集団行動をする初めてのプログラムということもあって、全てが初体験。プログラムの最終責任が学生にあることがこれほどまでに重責になるとは全く想像できなかったし、自分なりに万全の準備体制で春合宿を迎えたはずが、細かいところに気が回っていないことにその時になってはじめて気づくなど、常に自分の無力感と向き合わされました。

あれほど、ピースとデリにとって最高の春合宿にしようと固く誓ったのに、1日目はデリの満足度よりも「なんとか早く無事平穏に終わらないか」と無意識に考えてしまっていたし、運営に対するありがたい意見・忠告も、半ば衝動的に耳を塞ぎたくなってしまう自分がいました。

 

そんな、ある意味最悪の心境の中で迎えた春合宿最後のプログラム・リフレクション。このリフレクションは、JASCの伝統であり、プログラムの節目節目で行われます。詳しいことはまたの機会に説明しますが、この場では36名が一つの円になって、同じ場と時間を90分間共有しました。

この場をどう捉えるかは十人十色の解釈があっていいと思いますが、あえていうとすれば、「内省と対話」の場です。基本的に多忙を極める日米学生会議の活動の中で、本当に静かにゆっくりと自分の内面を見つめ直せる場。そして、それを誰からともなくぽっとその場に共有することで生まれる他の参加者との対話の可能性。

春合宿で行われたリフレクションで、プログラム中の自分の内面の葛藤を共有してくれる人、JASCに対する感謝を述べてくれる人。そうしたデリ一人一人のの春合宿を通じて感じた思いを聞いていたら、なんだか救われたような、心が洗われるような気分になりました。

それは自分が参加者だった時に抱いていたJASCへの思いや、実行委員をやろうと決断した時の初心を思い出したからです。自分はなぜ春合宿担当になりたかったのか、デリにどのような機会を提供したかったのか。多忙な中で半ば忘れかけていたそうしたものをひとつひとつ拾い直し、デリの言葉とそれを照らし合わせていく中で、もちろんできなかったこともたくさんあるけれど、この半年間実行委員と頑張ってきてよかったと思えました。

 

あまりにナイーブな意見ではありますが、本当に打ちのめされるくらい改善点がたくさん見つかったけれども、それでも69回のこの仲間たちと前を向いて進む力を十分すぎるくらい与えてもらって終えることのできた春合宿でした。

 

最後に、春合宿を成り立たせるために関わってくれた全ての人に感謝したいです。GWにもかかわらずLectureを快く引き受けてくださった方々、オリセンまで駆けつけてくださったアラムナイの方々、様々なミスの半ば辟易しながらも見捨てずに手伝ってくださった国際教育振興会の皆様、そして、この春合宿を一緒につくってくれた69JASCerのひとりひとり、本当に本当にありがとうございます。

 

f:id:JASC69:20170515173700j:plain

おまけ。My Dearest 相棒・ぴーす

 

春合宿でついに正式なブログチームも発足したので、これから本格的にJASCの活動、JASCerの頭の中などを伝えて参りたいと思います!乞うご期待!

 

次回の投稿は、「個人と社会における文化の意義」分科会の松村謙太朗(通称・まつけん)!!

彼は、とにかくめっちゃ喋る笑。その口調から最初は少しきついやつって思うかもしれないけど、自分を動物に例えると子犬らしく、確かに寂しがりやで心優しく、人懐っこいところがあってとても可愛いです笑。

 

それでは、お楽しみに〜

実行委員、救急救命講習に行く。

まっさん(新郷)と奈津子(中川)の独壇場にならないよう、やってきました。

実行委員の 河﨑涼太 です!

 

いつもは緑溢れる京都(の田舎)にのびのびと暮らしているのですが、この度春合宿及び実行委員の合同ミーティングが東京で開催されるということで、昨日から東京にやってきました。

一年前のこの時期、春合宿が催される代々木を目指し、東京まで新幹線でやってきたは良いものの、その後山手線で降りる場所を悩んで無限ループを繰り返していたことを思い返します。あれから一年経った今、2回に1回くらい、逆方向の電車に飛び乗る以外は、山手線とも仲良くなれた気がするし、自分の成長を実感するばかりの今日この頃となっています。

 

 

さて、そんな今日は、実行委員の皆で四谷消防署にて救急救命講習を受けにいってきました!

実行委員・BTMくみちょーこと吉川久美をモデルとして、一日をお届けいたします。

 

 

8:00

目覚めの朝。靴下は、履かない方です。というより、他の人のも脱がしてあげたい方です。

f:id:JASC69:20170501010631j:plain

 

9:00〜12:00

お化粧。寝ぼける。お昼ご飯を食べる!

お化粧は、薄め派です。あとは、できるだけ寝てたい。そのほかには、ご飯よりもゴディバ派!

これ以上は私的な情報になってしまうので、割愛致します。

 

13:00

四谷消防署集合!

だだんだんだだん!四谷に上陸中。

f:id:JASC69:20170501011140j:plain

 

取り敢えず、顔で存在感をアピールしてみる。

f:id:JASC69:20170501011238j:plain

 

 

『え?こんなやつに救急救命されるの!?』

 

と思ったそこのあなた。

まあ、そういうことです。

でも、これからのくみちょうの圧倒的成長をお楽しみに!

 

 

14:00-16:00

まずは、 現役消防士の方のお話をお聞きします。

東京都には約270台の救急車があるそうですが、一日の出動回数は十回/一台前後。特に四谷消防署に救急車があるという状態は稀だそうで、それをお聞きすると、いかに消防士の方々が激務をこなされているのか、わかります。日米学生会議もまだまだですね!!

 

さて講習は、『普通救命講習テキスト』の内容を中心にして行われました。

応急手当ての目的や必要性について、お話をいただいたあと、いよいよ実践です。

 

今回、実践においては数ある救命措置のうち、心肺蘇生AEDの使用について学びました。

高校生の時にも同様の講習を受けましたが、例えばAEDの装置が進化したり心肺蘇生の手順が省かれていたりと、筆者の所感としては救命措置の方法は簡易さや時代に合わせ、刻一刻と変わって行くものだと感じました。

 

写真は、真剣に患者と向き合うくみちょうです。

f:id:JASC69:20170501011520j:plain

 

呼吸を確認し……

 

そして、心肺蘇生を行います。

正直に言うと、プロフェッショナリズムを求め続けたくみちょうの胸骨圧迫があまりにリアルで激しすぎて、筆者も写真を撮りつつiPhoneを抑えることに必死でした。(ということで、写真上部に指が写っているのはごめんなさい)

f:id:JASC69:20170501012646j:plain

 

AEDも使います。

f:id:JASC69:20170501012944j:plain

 

写真で見ると簡易であり、簡単そうな救命措置ですが、これにより、救える命はかなり変わってくるのだと、消防士の方々にお伺いしました。

 

16:00

救急救命講習終了。

気道確保、人工呼吸や胸骨圧迫に加え、AEDの使用についてもざっと講習・学習をし、なんとか全員が使えるほどにはなったかと思います。

 

さしあたり、大満足なくみちょう。みんな、私が助けてあげるわ!きらーん!

f:id:JASC69:20170501013152j:plain

 

ということで、本日はくみちょうを中心にして、実行委員の一日をお届けいたしました。楽しんで頂けたならば、幸いです。数日後、救急救命講習の受講証(救命措置の修了証と代わるもの)が、名前入りで追って届けられるそうで、実行委員としてはそれもとっても楽しみにしております。

 

***

重要なお願い:実行委員一同、ブログの文体の100倍は真面目に講習を受講致しました。ブログを読むに際し、読者の皆さまが不快なお気持ちになられたり、不真面目さを感じられたりした場合は、心よりお詫びを申し上げますと同時に、上記の旨をご勘案頂けましたら幸いです。

***

 

 

さて、最後に。

 

本会議は今夏、日本の4都市を回って開催されることとなります。

時には40℃に迫ることさえある日本の夏、参加者の皆に思いっきりパフォーマンスをしてもらうため、実行委員はいつでも、どこでもサポートしています。

みんな、こんな可愛いくみちょうに救命措置をしてもらいたければ、是非とも話しかけて!24時間対応しています。

 

それではあでゅー

 

りょうた@花粉症なくなって本当に嬉しい

実行委員の日常その2: 事務所でECワーク

 まっさん(新郷)の独壇場にならないように、やってきました。

実行委員(Executive Committee の略で以後EC!頻出JASCワード!)の中川奈津子です。

 

今回は、実行委員8人が集まってミーティングをしたり、学校帰りに作業しにやってくる事務所での日常を、写真を中心にお伝えしていきます。 

 

①定例ミーティング 

定例ミーティングがある土曜日の朝には、前夜(というか日付を越えてもはや当日?)までミーティングのアジェンダ組みや進捗報告の準備などで寝るのが遅くなった実行委員たちが、眠い目をこすりながら事務所に集まってきます。遅刻してるのにちゃっかり朝ご飯のパンとコーヒーの入ったコンビニの袋を手にしていて顰蹙を買うECもいます。笑 (かく言う私も毎週早起きを誓い直してます…)

 

 

②誕生日も祝います。

これは、実行委員長の塩崎(しお)が21歳になったときの!

ECは全国各地の大学に通っているので、オンラインミーティング勢

実行委員の日常その1:オンラインミーティング - 第69回日米学生会議公式ブログ

と一緒に、こんな一風変わった集合写真が撮れました。笑

f:id:JASC69:20170427012038j:plain

 

 

③学校帰りに寄ると誰かに会える。

事務所に寄ると、たいてい実行委員の誰かがMacでかちかち作業してます。

本会議運営に関するメールやら電話やら、夜までした後は、近くのごはんやさんで夜ごはんを食べて家に帰るのがECの日常です。(下はなにやらにやにや作業するくみちょうこと吉川久美)

f:id:JASC69:20170428161945j:plain

 

と、今回は実行委員が多くの時間を過ごす事務所での日常をお伝えしました〜!

実行委員の日常その1:オンラインミーティング

こんにちは!ブログ担当の新郷です。

まだ始めたばかりなので更新頻度高いですが、3日坊主にならないように頑張ります。今回は、JASCがどのように運営されているのか、について紹介したいと思います。

 

実行委員会とは 

 JASCの大きな特徴の一つとして、会議の運営が全て学生の手で行われていることが挙げられると思います。会議の終盤に実行委員選挙が行われ、日本側参加者28名の参加者の中から、次年度の実行委員8名(アメリカ側も8名選出)が選ばれます。

実行委員活動の期間は、参加者として臨んだ本会議が終了した直後の9月から約1年間に及びます。仕事内容は次年度の本会議のプログラム企画・立案から、JASCの広報や財務活動、参加者選考まで多岐に及び、それを主催団体の国際教育振興会のバックアップを得ながらすべて学生の手でこなしていきます。

f:id:JASC69:20170426134240j:plain

第69回日米学生会議実行委員会発足直後

 

膨大な仕事をそれぞれの大学生活を営みながら、たった16人の実行委員がこなすのは結構大変です。毎日のように誰かしらと情報共有をしながら少しずつ会議を作り上げていくのですが、実行委員全員が近隣に住んでいるわけではないので、普段のミーティングはオンラインで行われます。

 

オンラインミーティング

ぼくたち69回実行委員はGoogle Hangoutのサービスを利用してオンラインミーティングを行なっています。実行委員はそれぞれ役職を持って仕事をしているんですが、主に同じ役職で仕事をしている実行委員と定期的にミーティングを行なっています。

例えば、今日ぼくは、5月に日本側参加者の初の顔合わせとなる春合宿の担当として、同じ担当の齊藤和平(通称ぴーす) と朝から2時間超ミーティングをしていました。

f:id:JASC69:20170427023814p:plain

 実行委員のぴーす(九州大学4年生)と春合宿ミーティング。悪いこと考えてる顔。

 

ぼくみたいな怠惰な大学生にとって10時からミーティングは正直辛かったです...笑

まあ、そんな冗談はさておき、今でこそオンラインでミーティングをできていますし、必要な書類は全部クラウド上で管理することで常に最新版が共有できている状態になっていますが、つい10年前はそんなもの存在していませんでした。ミーティングは基本的に電話、情報共有もいちいちメールだったそうです。(過去実行委員体験談)

もっと時代を遡ると、アメリカ側とのやりとりは封筒での文書のやり取りしかできず、こっちが手紙を送付してから返信が返ってくるまで2週間を要した時代もあったようです!

そう考えると、今の世の中、本当に便利になってきていますよね...

余談ですが、こうしたそれぞれの時代のJASC話を聞けることも、80年以上の伝統を誇り、豊富なアラムナイネットワークを有するJASCならではです。

 

あんまり長くなってもいけないので、今日はこの辺で。 

 

第69回日米学生会議実行委員

新郷雅大

P.S. Facebookページやホームページも併せてご覧ください!

FB: https://www.facebook.com/JASC.page/?fref=ts

HP: http://kjass.net/jasc-japan/

 

第69回日米学生会議公式ブログ発足!

こんにちは、第69回日米学生会議ブログ担当の新郷雅大です。他の実行委員からはまっさんって呼ばれてます。

 

82年の歴史を誇り、69回目を迎えた日米学生会議JASC:Japan-America Student Conference)ですが、全体でおよそ3ヶ月にも及ぶ参加者としての活動、そして1年に亘る実行委員活動の複合的総体の全容を余すとこなく外部の人に伝えることは至難の技です。

 

Facebookや報告会、説明会などで積極的に外部に発信しているJASCですが、なかなか実行委員、参加者の日常や頭の中を伝える媒体はありません。

このブログでは、そういったいわゆるJASCの舞台裏を少しでも垣間見せられたらな、と思います。これからよろしくお願い致します。

 

今回は初投稿ということで、JASC69の基礎情報をお伝えしたいと思います。

第69回日米学生会議(JASC69)

全体テーマ:

「己を省み、人を知る。〜価値観の共有から生まれる可能性〜」

(Self and Society: Sharing Perspectives and Inspiring Action)

本会議期間:8月6日〜8月28日

開催都市:京都、愛媛、三重、東京

事前準備期間:5月〜7月

参加人数:日米各36名(内、実行委員各8名) 

この情報だけ見ても、何もわからないですよね笑。次回から、日本側参加者36名の活動や日常に迫りたいと思います! 

それでは、また。

 

第69回日米学生会議実行委員

新郷雅大

 

P.S. Facebookページやホームページも併せてご覧ください!

FB: https://www.facebook.com/JASC.page/?fref=ts

HP: http://kjass.net/jasc-japan/